納骨堂ネット l 納骨堂・お墓・葬儀・永代供養 l 供養の総合情報ポータルサイト

アメリカの葬儀

アメリカの葬儀は、一般的には教会で行われます。
地域や宗派によって異なりますが、アメリカでは特に 「喪服」 という決まったものがありません。
派手な服装や、肌を露出させるものでなく、地味めの色であればいいようです。
アメリカの葬儀には、悲しみの中にも、神の御許に召された故人の新たな旅立ちを記念しようという雰囲気があります。
また、欧米では 「土葬」 の習慣が多かったのが、時代と共に 「火葬」 するスタイルが増えてきました。火葬といっても、日本のように遺族が遺骨を拾って骨壺へ入れる習慣はなく、サラサラの灰の状態になるまで遺体を焼いてしまいます。アメリカでは、家族の遺灰を自宅に安置する場合もあり、これをお好みの壺などに入れます。