納骨堂ネット l 納骨堂・お墓・葬儀・永代供養 l 供養の総合情報ポータルサイト

世界のお墓と葬儀

イギリスでは、最初に死者が出るとまず、遺族は葬儀デレクターと会い、埋葬または火葬のための打ち合わせを行なう。打ち合わせの中で、死者の年令や宗教が確認され、希望する教会が確認される。また葬儀までの間の遺体の安置場所を決定しなければならない。昔は納棺したら葬儀まで自宅に安置いていたが、今では葬儀社の齋場、教会では礼拝堂か教会内に安置される。

葬儀

棺を喪家に安置している場合、出棺前、棺の蓋を固定する前に遺族は棺の周りに集まり、最後のお別れをしてから霊柩車で教会に移送する。会葬者は教会内で式の始まりを待つ。最前列は遺族の席とされている。棺は会葬者が集まる前に、祭壇前の階段の正面に架台を置き、この上に置く。場合によっては前夜から安置することもある。英国国教会では葬儀典礼は1928年の「共通祈梼書」を用いていたが、1966年の改正で、葬儀形式も柔軟性を持ってきた。

供花

葬儀公告を掲載する場合、「供花辞退」、「身内以外の供花辞退」など、花を受け取るかどうかを明記している。供花は故人のために送られ遺族のためのものではない。従って花に添付されるメッセージカードには「お悔やみ申し上げます」は適当ではなく「冥福を祈って」が相応しい。

エンバーミング

イギリスでは1954年に初めてエンバーミングの免許制度ができた。例えば遺体を国外に移送する場合にはこうした人が活躍した。従って大きな葬儀社では、この免許を持った人を雇っている。

埋葬と火葬

埋葬に先だって教会での儀式を行なう。儀式の後、棺は墓地まで運ばれ、会葬者がそれに従う。埋葬時には吊し鎖で棺を墓穴のなかにつり下げ、その間祈りの言葉が唱えられる。会葬者は棺の上に土をかける場合があるが、埋葬が終了するまで見届けることはない。
イギリス火葬教会は1874年に創立され、1885年に最初の火葬場がロンドン郊外に誕生した。1987年の統計では、イギリスの死亡者数は年間62万9千人、そのうち火葬率が69 %に達している。国内に火葬場は223ケ所あるから、火葬場あたりの年間約1940人の遺体を火葬することになる。
火葬場にある教会で儀式が行なわれた後、棺は地下にある火葬炉に送られる。遺族は火葬および集骨に立ち会うことはない。
なお火葬後の遺灰については何の法律もない。遺灰は故人が指定した場所にまいてもよいし、海にまいても良いとされている。
葬儀のあと、普通近親者の家に集まり、軽い食事が用意される。かっては豪華な食事が準備されたが、それが最近では簡略化している。

死後の世界

キリスト教の聖職者が死者の処置に深くかかわっている理由は、人間の魂が死後も存続し、裁きを受けるというキリスト教の教義にある。しかし信仰を持つ者も最後の審判について言及する者は359人のうち11人に過ぎなかったという。全体の4分の1は来世を信じていないと断言し、同数の者が半信半疑であるという。(資料/B&MR『葬儀産業のためのマーケッティング』他)
情報誌『デス・ウォッチング』90.6
死の総合研究所(デス・ウォッチング)

お隣の韓国のお墓事情も時代とともに変化しています。
韓国を代表するお墓は、長年にわたり土葬の土饅頭のお墓で、先祖から子孫代々と埋葬する為に、山を一つを購入するなどして先祖を守ってきた歴史があります。
土饅頭とは穴を掘って土葬した後に土が丸く盛り上ることから、この様な呼び方になっていますが、日本でも形態が少し違いますが江戸時代までは庶民の一般的な埋葬方法でした。

韓国では、近年土地不足や人々のお墓の意識変化によって、費用が安い樹木葬と日本と同じ石造りのお墓が急速に普及しているようです。樹木葬の人気は高いようで今後も普及続けると思われます。また、韓国では先祖を大切にする国柄で、墓石の白御影石の産地ですので豊富な石を使い、一族全体の墓として日本のお墓の数倍の大きさのお墓が主流のようです。

アメリカの葬儀は、一般的には教会で行われます。
地域や宗派によって異なりますが、アメリカでは特に 「喪服」 という決まったものがありません。
派手な服装や、肌を露出させるものでなく、地味めの色であればいいようです。
アメリカの葬儀には、悲しみの中にも、神の御許に召された故人の新たな旅立ちを記念しようという雰囲気があります。
また、欧米では 「土葬」 の習慣が多かったのが、時代と共に 「火葬」 するスタイルが増えてきました。火葬といっても、日本のように遺族が遺骨を拾って骨壺へ入れる習慣はなく、サラサラの灰の状態になるまで遺体を焼いてしまいます。アメリカでは、家族の遺灰を自宅に安置する場合もあり、これをお好みの壺などに入れます。

2007.3.31読売新聞記事要約

中国政府 土地不足で奨励

年間死亡者が800万人に上る中国では、国家的課題になっている資源節約を柱にした「葬送改革」が急速に進行していると報じている。
墓地や木材の節約の為、遺灰を海など自然に帰す「散骨」やネット供養などを政府が積極的に宣伝し奨励している。

  • 「海葬」の故人一人当たり費用は総額800元(1元は約15.5円)数万元かかる一般的な墓の建立に比べ経済的なことも売りも物。
  • 中国民政省は現在、「海葬」だけでなく「樹葬」「花葬」「草葬」などの自然葬や「ネット供養」積極広報し利用を促すよう全国に再三通知しているとのこと。
  • 中国政府は儒教の影響根強く残る土葬を改め火葬の普及に力を入れている。全国レベルでは2005年で53%と半分程度ですが、火葬率の上昇で同年節約された土地は2100ヘクタール以上。中国の火葬ではも木棺を使わないため木材も200万平方メートル以上節約できたそうです。