納骨堂ネット l 納骨堂・お墓・葬儀・永代供養 l 供養の総合情報ポータルサイト

忌日法要

ここでは、忌日法要についてご紹介します。
忌日法要とは、故人が亡くなってから100日目までの間に執り行われる法要のことです。

※忌日とは故人の命日のことで、その命日には故人を偲んで冥福を祈るために、様々な追善法要が執り行われます。

1.初七日(しょなのか)

● 死去後7日目
この後7日目ごとに故人の冥福を祈る忌日が巡ってきます。

2.五七日(いつなのか)

● 35日目
死者が冥土で五回目の審判を受ける日とされ、この日をもって忌明けとすることもあります。

3.七七日(しちしちにち)

● 49日目
一般的には「しじゅうくにち」と呼ばれ、死者が冥土で最後の審判を受けて、行き先が決定する日とされる重要な忌日です。通常この日を「忌明け」としてこの日までに納骨を済ませます。また、それまでの白木の位牌は菩提寺に納め、黒塗りなどの本位牌に替ります。

4.百か日(ひゃっかにち)

● 100日目
故人が仏様になって最初に執り行う法要です。