納骨堂ネット l 納骨堂・お墓・葬儀・永代供養 l 供養の総合情報ポータルサイト

お墓の分類

お墓を建てる際、お墓に入る人によって、お墓のタイプも異なります。例えば、両親のお墓を建て、将来自分や自分の子どもが入るお墓や、両親のみが入るお墓、自分だけのお墓などさまざまです。
どんなお墓を建てるとよいのかよく考えましょう。

お墓の分類

家墓

家族が代々入る一般的なお墓。
家墓は親から子どもへと代々受け継がれていく家族の遺骨を合祀するお墓です。累代墓、代々墓、先祖墓とも呼ばれています。墓石には、「○○家之墓」「○○家先祖代々」「○○家累代之墓」などと刻み、家名はなく「先祖代々之墓」「累代之墓」と刻む場合もあります。家墓は、子どもなど、お墓を承継する人がいることが必要条件です。

両家墓

夫婦それぞれの先祖が一緒に入るお墓。
例えば、一人っ子同士の結婚で、承継するお墓がない場合、家墓として二つのお墓を建てて維持することが難しい場合に、両家墓として一つのお墓を建てて双方の両親を祀ります。墓石に両家の家名を刻むこともできますが、将来の承継者のことを考えて、「先祖代々」「和」「絆」などの名号や題目、好きな言葉を刻むこともできます。

個人墓

一人用のお墓。
一人だけの遺骨を納めるお墓のことで、生涯独身の人や、一人でお墓に入りたい人などのためのお墓です。
個人墓は、お墓の承継者がいないため、お墓の管理について永代供養の契約が必要です。他人といっしょに合祀される共同墓とは違って、自分のお墓として供養してもらうことができます。しかし、三十三回忌までなど、墓地によって永代供養の期間が定められているので、期限が来ると他人と一緒に合祀されることになります。

夫婦墓

夫婦二人だけが入るお墓。
個人墓のようなもので、夫婦二人だけが入るお墓のことです。子どもがいない夫婦などのためのお墓です。個人墓と同様に、承継する人がいない場合には永代供養の契約が必要になります。

共同墓

永代供養墓として建てられたお墓を利用するもの。
親しいもの同士で建てる場合もあります。

合祀

複数の遺骨を同じお墓に埋葬することです。
家墓の場合、先祖の遺骨を一つのお墓に埋葬していることから「合祀墓」とも呼ばれます。また、他人と同じお墓に埋葬される共同墓も合祀墓といいます。
お墓は、大きく分けると合祀墓と個人墓の2種類に分類されます。

お墓の承継

お墓を受け継いでいくことを承継といいます。承継者とはお墓を受け継ぐ人のことで、通常、長男が承継者となることが一般的です。もちろん、娘であっても承継することはできますが、墓地によっては、男子しか承継できない規定を定めている場合があります。また、子どもがいない場合には、その親族が承継することもあります。