納骨堂ネット l 納骨堂・お墓・葬儀・永代供養 l 供養の総合情報ポータルサイト

お墓にかかる費用

お墓を建てる際、墓地の永代使用料、年間管理料、工事費用、墓石費など、さまざまな費用がかかります。また、お墓の建立費のほか、開眼供養や納骨法要の費用も必要になります。
寺院墓地の場合には、檀家になるための費用が必要な場合もあり、お墓を建てるには、それぞれの費用を含めた予算を組む必要があります。

お墓にかかる費用

一般的な費用の相場は、民営墓地の場合では、永代使用料を含め200~300万円とされています。しかし、墓地の場所、広さ、墓石の種類などにより価格には差があります。

墓地の永代使用料
+
墓石建立費用
+
年間管理料
+
開眼供養・納骨法要の費用

永代使用料

お墓を建てる際に必要な永代使用料とは、墓地を代々使用する権利を得るための代金です。
永代使用料は都心ほど高く、郊外の方が比較的安い傾向にあります。また、お墓の区画の広さや、墓地の経営内容によってもさまざまです。
墓地の永代使用料を支払うと、永代にわたって墓地を使用することができますが、契約を解除し、墓地を手放した場合には永代使用料は基本的には返還されないので注意が必要です。

墓石建立費

墓石建立費とは、石材費、加工費、墓地の外柵、カロート(納骨棺)の工事費、墓石、付属品などを含む設置費用のことです。
「墓石建立費一式」として、永代使用料と墓石建立費を含んだ価格設定をしている石材店もあります。
石材店に問合せて総費用の見積りを出してもらって比較検討する方法もいいでしょう。その際には、石材店に出してもらった見積りの項目で分からないことがあれば、確認するようにしましょう。例えば、「○○一式」といった書き方がされている場合もあるので、一式の中身を確認し、追加料金が発生しないよう、予めよく確認が必要です。

年間管理料

墓地を購入すると、墓地の規定による年間管理料を支払う義務があります。この管理料によって水道料金や、墓地の共有スペースの維持管理が行われます。寺院墓地の場合、「護寺会費」「お布施」と呼ばれている場合もあります。
この年間管理料の支払いは、一般的には1年分をまとめて支払います。しかし、墓地によっては数年分をまとめて支払はなければならない場合もあります。また、管理料を支払わなければ、墓地の永代使用権の取り消しになってしまうこともあるので、規定をよく確認してください。

支払いの方法

お墓を建てる費用は、民営墓地によっては、クレジット会社や生命保険会社と提携してローンを取り扱っている墓地もあります。しかし、金利や支払い回数はさまざまです。
ローンを利用してお墓を建てる際、支払い中に契約者が亡くなった場合には、承継者が残りの支払いを引き継ぐことになるので、ローンによっては、契約者が亡くなった場合の支払い義務がなくなるなどの保障を付けているものもあります。