納骨堂ネット l 納骨堂・お墓・葬儀・永代供養 l 供養の総合情報ポータルサイト

お墓を建てる時期

お墓を建てる時期や、納骨する時期に決まりはなく、火葬後に、遺骨を自宅に安置しておいても法律的にはなんの問題もありません。しかし、いつまでも遺骨を手元に置いておくことには、一般的にお墓を建てるという慣習から、お墓の建立を急ぐ傾向があります。

お墓を建てる時期の目安

遺骨をお墓に納めることを納骨といいます。納骨は、一般に、お墓がある場合には四十九日の法要の際に行われます。しかし、新たにお墓を建てる場合には、四十九日までに納骨することは難しいでしょう。新たにお墓を建てる場合には、墓地と墓石を購入するだけではなく、カロートや境界石を設置する工事、墓碑の彫刻など、お墓の完成には通常、1・2ヶ月の期間が必要です。
一般に新しくお墓を建てる時期の目安は、葬儀後1年以内として、一周忌法要のときに納骨します。それまでの期間、寺院に遺骨を預けたり、納骨堂を一時的に利用して遺骨を預ける方法もあります。

お墓の生前購入

最近、生前からお墓(墓地)の購入するスタイルも増えています。
ただし、お墓(墓地)の購入には、遺骨が手元にあることや、墓地を購入してからお墓を建てるまでの期限を定めている場合もあるので生前に購入することができる墓地を選ぶ必要があります。公営墓地では、生前購入を認めていないところが多いようです。
また、生前に建てるお墓のことを「寿陵(じゅりょう)」といいます。寿陵は、中国の長寿を願う風習によるもので、縁起がいいこととされています。

【生前購入の主な理由】

  • 家族に負担がかからない
  • 自分に合うお墓を建てたい
  • お墓は相続の対象にならず、節税になる