納骨堂ネット l 納骨堂・お墓・葬儀・永代供養 l 供養の総合情報ポータルサイト

お墓の引越し(改葬)

最近、お墓が遠くてお墓参り・供養ができないという、お墓の維持の問題を抱える人が増えています。この問題の解決策の1つに「お墓の引越し(改葬)」があります。お墓の引越しとは、お墓を住まいの近くに移して供養する方法で、お墓を移すことを「改葬」といいます。改葬を行う際には、現在遺骨が埋葬されている市町村に改葬の申請を行い、改葬許可を受けなければなりません。
現代のお墓問題から、お墓の引越しのニーズが高まっています。

法的な事務手続き

お墓の引越し(改葬)には「墓地・埋葬に関する法律」の規定に従った手続きが必要です。
手続きの流れについてご紹介します。

  • 新規墓地の確保と受け入れ証明書の発行
    移転先の確保として、新しいお墓を新規に購入し、そのお墓の管理者に「受け入れ証明書」の交付を受けます。
  • 埋葬証明書の発行
    現在のお墓の管理者から「埋葬証明書」の交付を受けます。
  • 改葬許可証の発行
    「受け入れ証明書」「埋葬証明書」の2つの証明書を持参のうえ、現在のお墓がある役所(戸籍課や住民課など)で「改葬許可申請書」に必要事項を記入し、2つの証明書を添えて提出し「改葬許可証」の交付を受けます。
  • 埋葬許可の承認
    改葬許可証を新規のお墓の管理者に提出することにより、改葬する遺骨を新規のお墓へ埋葬することが可能になります。

改葬の際に行う現在のお墓の供養

埋葬されている遺骨を引き上げる際は、僧侶に「お魂抜き(閉魂供養)」をしていただきます。
お魂抜き(閉魂供養)は、お墓から仏心を抜き、墓石を元の石に戻すという大切な儀式です。墓前での僧侶の読経を中心とした比較的簡素な儀式で、身内で行います。
お魂抜き(閉魂供養)の後、遺骨を納骨棺より引き上げ、既存の墓石は撤去(処分)します。新しいお墓に戒名・法名・俗名、没年月日などを改めて彫刻する場合は、墓石を撤去(処分)する前に彫刻されている文字を確認しましょう。彫刻文字が読み取れない場合は、お墓の管理者に確認して下さい。

改葬の際に行う新しいお墓の供養

改葬する遺骨を埋葬する際は、僧侶に「お魂入れ(開眼供養)」していただきます。
お魂入れ(開眼供養)は、お魂抜き(閉魂供養)と正反対の儀式で、石に仏心を入魂する法要です。最近は遺骨を埋葬(納骨)する当日に「納骨供養」と同時におこなうことが多いようです。
納骨の当日までに、新しいお墓へ埋葬する遺骨(故人)の戒名・法名・俗名、没年月日などは墓石や墓誌に彫刻しておきます。