納骨堂ネット l 納骨堂・お墓・葬儀・永代供養 l 供養の総合情報ポータルサイト

納骨堂の特徴

最近首都圏では納骨堂が注目されるようになりました。納骨堂の特徴としては、まずお墓を立てるよりも費用が抑えられる事が挙げられます。もちろん、格式やスペースの広さなど納骨堂でも非常に高価なものもありますが一般的には、墓石を使ってお墓を建立するよりも費用が抑えられる事が多いです。
また、お寺の運営する納骨堂では33年や50年など年数は違いますが、一定期間を過ぎるとお寺側で合葬墓へと移し、その後も永代供養してくれる納骨堂が多く、墓守の心配が軽減されるという特徴もあります。

納骨堂は、墓石を立てる従来のお墓と違って多くの場合が室内にスペースを区切り、そこにお骨を納める形になります。区切り方はさまざまですが、ロッカー式になっているものや個室のようになっているもの、立体駐車場のようになっているものなどがあります。スペースを効率的に使うことを追求している納骨堂もあればコンセプトを掲げモニュメント的な納骨堂もあります。また、最近ではお参りがネットで出来るようになっていたりカードを入れるとお骨が目の前に降りてくる(立体駐車場のようなイメージ)ような納骨堂も出てきています。

納骨堂の特徴

  • 遺骨の埋葬
    遺骨を土に埋葬せず、屋内に収蔵する
  • 管理
    屋内なので、風雨にさらされたりすることもなく、手入れ、管理がしやすい
  • 交通
    交通至便なところにある施設も多く、お参りしやすい
  • 価格
    墓石などが不要なので、お墓よりも安価
  • 契約
    収蔵契約は期間をくぎっての更新制
  • 改葬
    墓石がない、永代契約ではないなどから、改葬が楽
  • 宗派
    寺院の経営でも宗派不問の場合が多い
  • お参り
    お花やお線香を備えられないところも多いなど、お参りのときの雰囲気や満足感に欠ける
  • 施設
    建物や施設自体の老朽化や破損の心配がある