納骨堂ネット l 納骨堂・お墓・葬儀・永代供養 l 供養の総合情報ポータルサイト

永代供養墓の形態

永代供養墓の形態は、墓地により工夫され、さまざまですが、遺骨の納め方や、石碑の立て方などにより、単独墓タイプ、集合墓タイプ、共同墓タイプの3タイプに分けられます。

単独墓タイプ

通常のお墓と同様に墓石を建てて、そのカロートに納骨するタイプです。夫婦で入る夫婦墓のタイプもあります。
このタイプの永代供養墓では、永代とはいっても、33年、50年というように期限が決められていて、その期間が過ぎると、多くは共同墓タイプの永代供養墓などに改葬されます。

集合墓タイプ

単独墓タイプと同様に、納骨スペースは個々にあります。それぞれは小さな石碑や石塔などを建て、それをたくさん集合させて、ひとつのお墓の形態とするタイプです。

共同墓タイプ

永代供養墓として最も多く見られるのがこの共同墓タイプです。血縁のない人たちがいっしょに埋葬され、その埋葬地には、記念碑や塔などが建てられます。合同墓、合葬墓、合祀墓ともいわれ、都立霊園では合葬埋蔵施設と呼ばれています。多くの場合、遺骨は骨壷で納骨され、一定期間が過ぎたところで骨壷から出され、ほかの遺骨といっしょに埋葬されます。

先祖代々の墓も永代供養墓に

承継者の問題などから、自分が永代供養墓に入ることを決めた場合、先祖代々の墓も永代供養墓や納骨堂への改葬を考えましょう。
そのままにしておいては、無縁墓になってしまいます。
その場合、永代供養料は改葬する遺骨数などで変わってきます。

永代供養墓のメリット

他の人といっしょに埋葬される共同墓のメリット

  • 個別の墓石が不要な分、安く納骨、供養ができる
  • 都心では、限られた土地にたくさんの人が埋葬できる
  • 大勢の人が埋葬されているので、お参りにくる人も多く、花や線香が絶えにくい