納骨堂ネット l 納骨堂・お墓・葬儀・永代供養 l 供養の総合情報ポータルサイト

永代供養墓の利用状況調査

永代供養墓の利用費用

  • 永代供養墓は夫婦に子供がいない場合や生涯独身者、または子供にお墓の承継を期待しない方などが生前に購入、契約される事が多いようです。
  • 契約内容は一人単位での契約となり夫婦で利用の場合は価格割引がされる場合もあります。
  • 永代供養と一口に言っても、供養期間、供養方法など種類が多く、事前によく調べてご契約されるとよいでしょう。
  • 永代供養の契約で一番多い金額帯は50万円台ですが、骨壷を供養塔に安置するタイプが多いようです。
  • 30万円以下のタイプは最初から他のご遺骨と一緒に合祀される場合が多いようです。

永代供養墓の申込み資格

  • 永代供養の性格から、契約寺院の宗旨、宗派による永代供養を依頼する契約となり、永代供養を寺院へ帰依する事が条件とする寺院
  • 1と同様、その性格により檀家となる事を条件とする寺院も根強く存在します。
  • 最近の檀家離れを反映し、契約寺院の宗派での永代供養で、宗旨、宗派不問にこだわらず広く受け入れる寺院が増えています。今後もその傾向は広がるようです。

永代供養墓の供養内容

  • 永代供養契約の実際は、供養期間が寺院によって異なりますので、希望する寺院の供養期間も調査の必要があります。
  • 33回忌を1つの区切りとして、後は寺院境内内の合祀墓に移され供養されるものが主流となっています。
  • 50回忌までの供養は少数のようです。

永代供養墓に関する調査

グラフがご覧いただけます。