納骨堂ネット l 納骨堂・お墓・葬儀・永代供養 l 供養の総合情報ポータルサイト

永代供養墓の知識編

供養は寺院の宗旨・宗派で

永代供養墓の場合、寺院墓地であっても宗旨・宗派を問わずに受け入れるところが多いようですが、供養はその寺院の宗派にのっとって行われます。
春、秋のお彼岸とお盆の年3回、合同で法要が行われるのが一般的ですが、年に1回の墓地や、毎月行う墓地などもあります。

遺骨の安置期間

ほとんどの墓地では、遺骨を骨壷のまま安置しておく期間に、三十三回忌までというように一定の期限を設けています。しかし、初めから遺骨を土にまく場合や、半永久的に骨壷のまま供養してくれる場合などもあります。供養する期間で費用が何段階かに分かれていて、選べるところもあります。

永代供養について

最近は、生涯独身で過ごす人や、子どものない夫婦など、お墓を承継するものがいない家庭が増えています。また、子どもはいても離れて暮らしているので、墓参りなどの負担をかけたくないと考える人も見られます。
そういった人たちのために、近年多く建てられるようになったのが永代供養墓です。承継者にかわり、墓地の管理者が永代にわたって遺骨を管理、供養するという新しいタイプのお墓です。
墓地は、通常、承継者がいないと契約できませんが、永代供養墓は、承継者がいなくても、生前に契約ができるということが大きな特徴です。
永代供養墓の経営形態も、通常のお墓と同様に、公営、民営、寺院墓地の3タイプあります。永代にわたって管理・供養を依頼するのですから、きちんと管理、経営されている墓地を選ぶことが大切です。

永代供養墓を選ぶ主な理由

まだ家墓が一般的な中、永代供養墓を選ぶ理由には次のような場合があります。

  • 子どもがいない
  • こどもは結婚・改姓した娘だけ
  • 子どもと離れて暮らしている
  • 子どもはいるが結婚していないため、子どもの代で承継者がとだえる
  • 子どもと宗旨・宗派が違う
  • 家族と同じお墓に入りたくない

永代供養墓の形態は、墓地により工夫され、さまざまですが、遺骨の納め方や、石碑の立て方などにより、単独墓タイプ、集合墓タイプ、共同墓タイプの3タイプに分けられます。

単独墓タイプ

通常のお墓と同様に墓石を建てて、そのカロートに納骨するタイプです。夫婦で入る夫婦墓のタイプもあります。
このタイプの永代供養墓では、永代とはいっても、33年、50年というように期限が決められていて、その期間が過ぎると、多くは共同墓タイプの永代供養墓などに改葬されます。

集合墓タイプ

単独墓タイプと同様に、納骨スペースは個々にあります。それぞれは小さな石碑や石塔などを建て、それをたくさん集合させて、ひとつのお墓の形態とするタイプです。

共同墓タイプ

永代供養墓として最も多く見られるのがこの共同墓タイプです。血縁のない人たちがいっしょに埋葬され、その埋葬地には、記念碑や塔などが建てられます。合同墓、合葬墓、合祀墓ともいわれ、都立霊園では合葬埋蔵施設と呼ばれています。多くの場合、遺骨は骨壷で納骨され、一定期間が過ぎたところで骨壷から出され、ほかの遺骨といっしょに埋葬されます。

先祖代々の墓も永代供養墓に

承継者の問題などから、自分が永代供養墓に入ることを決めた場合、先祖代々の墓も永代供養墓や納骨堂への改葬を考えましょう。
そのままにしておいては、無縁墓になってしまいます。
その場合、永代供養料は改葬する遺骨数などで変わってきます。

永代供養墓のメリット

他の人といっしょに埋葬される共同墓のメリット

  • 個別の墓石が不要な分、安く納骨、供養ができる
  • 都心では、限られた土地にたくさんの人が埋葬できる
  • 大勢の人が埋葬されているので、お参りにくる人も多く、花や線香が絶えにくい

共同墓に合祀するものや納骨堂を利用する場合、墓石代が不要になるため、費用は安くなリます。
一般的な永代供養墓の料金の内訳は下記の通りです。

  • 永代使用料
  • 永代管理料
  • 永代供養料
  • 墓石料(共同墓に合祀、納骨堂を利用する場合は基本的に不要です。)
  • 開眼
  • 納骨費用
  • 遺骨の引取料

※上記の料金内訳は、あくまで一般的な例ですので、ご契約の際には寺院や霊園側によく確認してください。

永代供養墓の利用費用

  • 永代供養墓は夫婦に子供がいない場合や生涯独身者、または子供にお墓の承継を期待しない方などが生前に購入、契約される事が多いようです。
  • 契約内容は一人単位での契約となり夫婦で利用の場合は価格割引がされる場合もあります。
  • 永代供養と一口に言っても、供養期間、供養方法など種類が多く、事前によく調べてご契約されるとよいでしょう。
  • 永代供養の契約で一番多い金額帯は50万円台ですが、骨壷を供養塔に安置するタイプが多いようです。
  • 30万円以下のタイプは最初から他のご遺骨と一緒に合祀される場合が多いようです。

永代供養墓の申込み資格

  • 永代供養の性格から、契約寺院の宗旨、宗派による永代供養を依頼する契約となり、永代供養を寺院へ帰依する事が条件とする寺院
  • 1と同様、その性格により檀家となる事を条件とする寺院も根強く存在します。
  • 最近の檀家離れを反映し、契約寺院の宗派での永代供養で、宗旨、宗派不問にこだわらず広く受け入れる寺院が増えています。今後もその傾向は広がるようです。

永代供養墓の供養内容

  • 永代供養契約の実際は、供養期間が寺院によって異なりますので、希望する寺院の供養期間も調査の必要があります。
  • 33回忌を1つの区切りとして、後は寺院境内内の合祀墓に移され供養されるものが主流となっています。
  • 50回忌までの供養は少数のようです。

永代供養墓に関する調査

グラフがご覧いただけます。